雨がくれた贈り物

雨上がりが好き。
特に、朝の早い時間。

降り続く雨を眺め、時々目を閉じて雨音に耳を傾けながら通り過ぎるのを待つ。

雨が止んだら、カメラと散歩。
三脚君も出番待ち。

花壇を覗くと

ほら、雨がくれた贈り物。

雫




朝の青白い光が贈り物を明るく照らす。

ずっと眺めていたいけど、
贈り物は、とても儚いものだから、急がなくちゃね。

急ぎ過ぎるとマクロレンズの先が雫を流しちゃう。
気を付けながら、なかなか合わないピントを合わせてシャッターを押す。

こんな瞬間にワクワクする。

写り込みを意識してスポイトで作る雫も好きだけど、やっぱり自然の方がいい。
室内でライティングもいいけど、やっぱり自然光がいい。

雫




だから、また。
次の雨上がりを楽しみに待とう。


この記事へのコメント